真空のスプリンクラーで事故を防止! | アルコニックス三伸株式会社

お電話でのお問い合わせ TEL 03-3596-7423

スプリンクラーの事故…配管の破裂による水漏れや床面の水浸しを防ぐことが
社会的インフラとしての水を支える

スプリンクラーの事故を防ぎ、安全性保持、コストの適正化を図る仕組み作り

スプリンクラーの事故を防ぎ、安全性保持、コストの適正化を図る仕組み作り

スプリンクラー事故を防ぐために、配管の外と内の気圧の差を利用して安全性を保持する。【アルコニックス三伸株式会社】のご提案する真空スプリンクラーは、それが実現できる画期的な消火設備です。

高層ビルは高い階層になるほど、水の供給に高度な設備や技術が必要になります。スプリンクラーによる利用者・居住者の安全性確保やそのためにかかるコストの適正化は、ビルのオーナー様の多くにとって重要な項目でもあり、お悩みでもあるのではないでしょうか。

【アルコニックス三伸株式会社】の真空スプリンクラーは、水が各階まで到達しプラス圧をマイナス圧に変える仕組みです。階層に影響を受けず、安定的な防災設備の機能性維持を可能にしてくれます。

配管の破裂による水漏れ、水浸しなどを防ぎ、
安全に使用できる社会インフラとして人間の活動を支える

配管の破裂による水漏れ、水浸しなどを防ぎ、安全に使用できる社会インフラとして人間の活動を支える

改めて考えてみると私たちの生活にとって水は欠かせないものです。
つまり、社会的インフラとして給排水設備は最も重要なものであると言えます。

しかし、世界の国々を見た時に、社会的インフラとしての水道設備が整っていない国も少なくありません。こうした国々では水資源を確保するために女性や子どもなどの労働力が欠かせず、女性の社会進出や教育・福祉にまで大きな影響を与えている場合もあります。

さらに、日本でも過去の震災時には、水道設備が復旧するまで満足な水資源の確保や配管の破裂による水漏れ水浸しなどの事故による被害事例は数多く報告されています。

つまり、スプリンクラーを含む給排水設備の安全な稼働が、社会的なインフラ設備の基本として私たちの生活を支えているのです。

スプリンクラーの事故を防止するための真空スプリンクラー

スプリンクラーの事故は、社会的なインフラ設備としての給排水設備に必須の安全性を脅かすものです。安全な建物をサービスとして提供する事業者様や建物のオーナー様にとっては、重要な責務として最善の配慮が必要になる事案ではないでしょうか?

【アルコニックス三伸株式会社】の開発した真空スプリンクラーは、防災を目的とした消火設備として高い機能性を持っています。誤作動から起こる水損による資産の消失防止だけでなく、万が一の際に貴重な水資源となる消化水槽の水を「無駄にしない」設備としても有効です。

お役立ちコラム

スプリンクラーの事故を防止、安全性向上、コストの適正化といえば
【アルコニックス三伸株式会社】

会社名 アルコニックス三伸株式会社
住所 〒100-6112 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー12階
TEL 03-3596-7423
URL http://www.shinku-sprinkler.com